店長の品格

毎日の営業ご苦労様です!店長として苦悩する毎日ですが、共に苦労している皆さま。また、将来は店長をめざす皆さまといっしょに自分が学んだことを日記に記していきます。

松下幸之助流・部下の叱り方

松下電器、今のパナソニックですね。その創設者は松下幸之助さん。経営の神様と言われる人です。

 

部下を持つ立場の人ならその部下の叱り方について誰しもが頭を悩ませた記憶があるのではないでしょうか?

 

叱りつけたら、その後、へそを曲げて更に言う事を聞かなくなった。陰口を言われて会社での立場が悪くなった。コンプライアンスに訴えられた、などなど。

 

では、経営の神様、松下幸之助さんはどのように部下を叱っていたのでしょうか?

 

実は結構めちゃくちゃです。

 

ある時腹を立てた松下幸之助は、持っていたソロバンで部下の頭を思いっきり殴ったそうです。

 

現在なら、コンプライアンスどころか新聞に出ちゃいますね。会社の代表が部下の頭をソロバンで思いっきり殴るんですからね。

 

さらにソロバンの玉がバラバラと飛び散り、部下は頭から流血!!!

 

しかし、松下幸之助がとった行動は、なんと流血している部下を放っておいて落ちたソロバン玉を追いかけたそうです。

 

無茶苦茶です!

 

しかし、部下はそんな彼について来た!何故でしょう。まぁ、カリスマ性っていうのもあるでしょうが、松下幸之助はどんなに怒った後でも決して後腐れなかったそうです。

 

怒った後でも、直後にはケロッとした顔で「ところで、話の続きやけどな」っと普通に仕事の話に戻ったそうです。

 

またある時は、怒られた社員が翌日に「昨日はすみませんでした」と頭を下げると「おー!私の言うことをちゃんと理解してくれてる何て大したもんや!引き続き頼むで」とニコニコして激励するそうです。怒られて部下はそれで「あの人はちょっと自分の事を見てくれている」と感じたそうです。

 

時代も違いますので、ここまで無茶は出来ませんが、叱った後のフォローが大切と言う事ですね。飴と鞭の使い分けをしっかりとし、怒る時は本気で怒る。しかし、その後のフォローは十分に行う事が大切でしょう。

 

 

 

使えない部下なんていない!

経営の神様といわれる松下幸之助さんのお話です。

 

松下電器には、気に入らないと平気で部下を殴るような荒くれ者の人物が経営陣に参画していたそうです。

 

今なら即刻クビですね。

 

なにしろ、労働組合との団体交渉で労働組合の委員長が気に入らないとぶん殴っちゃうらいしいですからね。

 

当時でもさすがに問題だったようで「あんなのむちゃくちゃだ!あいつの下で働きたくない」と松下幸之助のもとにも話が入ってくるほどだったといいます。

 

しかし、松下幸之助は「聖人君子では経営者なんて務まらん。そんな人材でもちゃんと使いどころはあるはずだ」と諭したそうです。

 

すぐに相手をぶん殴っちゃうような人の使い道がどこにあるのか?

 

1952年に松下電器はフィリップスと技術提携をします。髭剃りとかで有名な会社ですね。フィリップス。

 

当時は、松下電器よりもフィリップスの方が全然大きな会社です。しかも、フィリップスはオランダの大手電機メーカー。第二次世界大戦後の話ですからオランダは戦勝国。完全に松下電器を見下していたそうです。

 

フィリップスの会社から松下電器には、技術指導のためにエンジニアが派遣されていたそうですが、朝まともに出社すらしない・・・。

 

そこで、怒り狂ったのが例の「すぐに殴っちゃう人」だったんです。彼は、フィリップスのエンジニアが泊っている宿まで行ってエンジニアをぶん殴って連れて来たといいます。それ以来、エンジニアはちゃんと出社し技術指導もしっかりするようになったそうです。

 

ちなみに、その人は後に松下電器とフィリップスの合弁会社である松下電子工業の社長になったそうです。まぁ、ただ暴れているだけではない人だったんでしょうけどね。人をぶん殴っちゃうという社会人としてというより人としてどうなの?って人でも松下幸之助はちゃんと「使い道がある」と考えたわけです。

 

私の友人で電気屋さんに努めている人物からも同じような話を聞いたことがあります。

 

売り上げは一般社員の3分の1しか売らない。いつもテレビコーナーでテレビを見ていて動かないという社員がいたそうです。かといって簡単にクビってわけにもいかない。あの手この手でやる気を出してもらおうと画策するも全然ダメ・・・。

 

しかし、ある時、彼は交通事故にあってしまい1週間程度休んだ後、左手と左足にギブスをはめたまま出社してきたそうです。

 

そんな状態で会社に来られてもやれる仕事は限られているのでとりあえず「ゆっくりでいいから商品の品出しだけお願い」と伝えたそうです。

 

それまでは、テレビを見ているだけだった社員が品出しという仕事を与えたら意外としっかりやる・・・。

 

「あれ、こういう仕事が向いてるのかな?

 

なんて思っていたら、商品の品出しってケーブルとかパソコン用品とかいろいろあるのでテレビコーナーはもちろんパソコンやデジカメのコーナーまでいって品出しするわけです。すると、お客さんから声を掛けられるんですね。

 

今まではテレビだけ売って一般的な社員の3分の1しか売らなかった人がパソコンやデジカメもお客さんから声がかかるので売る!すると、他の社員よりも売り上げがよくなってまったそうです。品出しもするし売り上げもいい!元気なころより怪我してギブスはめたら優秀な社員に変わったと笑いながら喜んでいました。

 

使えない部下と思っているのは、もしかすると上司がその社員の特性を生かし切れていないだけかもしれませんね。

 

メラビアンの法則をビジネスで徹底応用

メラビアンの法則とは、話し手が聞き手に与える影響力を研究したもので言語情報(話の内容)が7%、聴覚情報(声のトーンや話す速さ)が38%、見た目(表情や動作)が55%とされています。

 

つまり、話の内容よりも表情や声のトーンなどの方が話をするときは非常に重要だということです。

 

良いか悪いかは別としてヒトラーの演説なんかは非常に有名です。

 

初めはゆっくりと静かに話し始め、やがて身振りを大きく、時には天を仰ぐような仕草をしたりして、声のトーンも大きく早口になっていきます。

 

字幕がついてなかったら何言ってるのかわかりませんけど、何やら必死に訴えてるな!それだけ必死なんだからなんだか重要な事を言ってるんだろうなって内容が分からなくても、雰囲気に飲まれてしまいます。

 

実はそれだけジェスチャーや表情、話し方は重要なわけです。

 

これはビジネスの社会でも大いに役立ちます。

 

しかし、残念ながら重要だとわかっていても実践が難しい。

 

会社でも研修などで勉強するのは言語情報。話の内容ばかりです。7%の話の内容の部分。商品情報などをじっくり時間をかけて学びます。

 

しかし、もっと重要な部分は蚊帳の外。自力で学んでください状態ですね。

 

これは個人差があるのでなかなかマニュアル化して教えることが難しいんです。

 

ジェスチャーを交えろといってもやりすぎ、わざとらしい。表情を豊かにと言ったら引きつってる…。声の大きさや速度も速い遅いの尺度が人によって異なります。

 

なので、どうしてもマニュアル化して一律には出来ない!

 

しかし、個々で教えることは出来ます。

 

接客を見ていて気づいた点を繰り返し指摘して直していく。成績のいい社員の接客を表情やジェスチャー、話すスピードやトーンに注意して見させる。ロールプレイングなどを行い、全く知識のない商品。例えば目の前にある本やノート、ボールペンなどを売ってみろと練習させる。知識がない商品なら知識が無い分ジェスチャーや表情、話し方の重要性を理解しやすくなります。

 

メラビアンの法則はビジネスで非常に役立ちますがマニュアル化するのは難しく会社として教えることは難しいものです。

 

あなたに部下がいるのであれば、個々に重要性を理解してもらい業績向上に努めましょう。

 

 

頼られる人頼られない人

部下に頼られない上司・・・。結構傷つきますよね。

 

この頼られる上司と頼られない上司て何が違うのでしょう。

 

頼る側の心理でいうと「頼る」という行動は心理学的に「援助行動」といいます。

 

人に頼ると「助かった」と思う反面、自尊心(プライド)が傷つくことってありませんか?

 

何かを借りるときなんかもそうですよね。「申し訳ない」と思ってしまい、単純に喜べません。ですから、あとでお返しをしなきゃと考えるわけです。

 

また、ラタネという心理学者は、対人関係におけるインパクトの大きさは3つの要因によって決定されると分析しています。

 

1.相手の力。相手の権力、地位が高いとインパクトが強いとしています。相手の権力や地位が高ければ、それだけ助けてもらえる可能性は高くなるわけですが、反面、気おくれしてしまい助けを求めるのに勇気が必要というわけです。逆に力の弱い人物には抵抗なく助けを求めやすいんですね。

 

2.相手の数。数が多ければ、それだけ受けるインパクトは大きくなるとしています。この仕事、終わらないから助けてくれ~。よーし!みんなで手伝うぞ!って会社中で自分の仕事手伝われたら、後でどんだけ頭下げなきゃならんのじゃ!って気おくれしますね。

 

3.相手との距離。相手の人との距離が近ければ近いほどインパクトは大きくなると分析しています。面と向かて頼むよりも、ネットの相談など知らない人に頼る方が気が楽ってことです。

 

つまり、頼られない人は、あの人は仕事ができないから頼まないというわけではない場合が殆ど・・・。自分の自尊心の傷つくインパクトが大きいから気おくれしている場合が多いわけです。

 

どう見ても、仕事が追い付かないで助けを求めている部下などいたら、まず、こちらから声をかけてあげるべきですね。頼られない上司に心を痛めているのではなく、手を差し伸べる上司になるべきです。

一流の営業マンは聞き上手

一流の営業マンは、話し上手だと思われがちです。もちろん、話が上手いに越したことはありません

 

しかし、それ以前に一流の営業マンは聞き上手でもあります。

 

ロバート・コンクリンの「説得力」という本の中に次のようなことが書かれています。

 

コンクリンが営業マンを相手に講義をしていると、その中の数人が非常に熱心に聴いているのが目に入り、あとで関係者に彼らは営業成績がいいだろうと指摘するとその通りだったという話です。

自分の話を熱心に聴いてくれると、その人はあなたの事を感じのいい人だと心理的に感じてしまうんです。

 

精神分析学の創始者フロイトも、カウンセリングをしていると患者がカウンセラーに依存してくるといっています。これは、精神に悩みを抱えている人でなくとも自分の話を聞いてくれる人のことを好きになるし依存してしまうのです。

 

十分に話を聞いて、、話疲れた頃に商売の話をすればいいでしょう。その頃には、あなたへの信頼も上がり、ガードもゆるくなってきているはずです。

 

ただし、ただ聞いているだけではダメです。

 

まずは、あいづち

 

これは、「は、ふ、へ、ほ」で大丈夫です。

 

「はぁ」「ふぅん」「へぇ」「ほ~」

 

これだけです。多少表情をつけて感心したり、笑顔を交えるといいでしょ。

 

次に「オウム返し」

 

「昔は、ラーメン10円だったのよ」

「ホントですか。ラーメン10円で食べれたんですか?」

 

これでバッチリです。

 

後は「ボディーランゲージ」

 

相手が受け取るメッセージのうち、言葉からは7パーセント、声や話し方が38パーセント。見た目、ボディランゲージが55%といわれています。

 

日本人には習慣がありませんが、手を叩いて喜んだり、太ももを叩いて笑ったりは非常に効果的です。

 

最終的には、「相手を褒める」

 

これは、難易度高いという人も多いでしょう。

 

褒める習慣がない人が非常に多い・・・。相手に媚びを売っているようで嫌だという人も考え方ひとつです。

 

「いや~。話がお上手で聞き入っちゃいましたよ~」

 

と言えば、外回りの営業なら「また来なよ」ってなるはずです。自分の話を聞いてほしい人はいくらでもいますからね。

 

2.3回通えば、相手もあなたの事を信頼し始めます。「自己重要感」といって、人は自分の知っている人物のいうことを信じるのです。2.3回話を聞いてくれて好印象の人物は、相手にとって「知っている人」になるわけです。1回の訪問では、可能性がかなり低いと感じても2回、3回と訪問すれば買ってくれる確率は上がります。単純に「そろそろ、買わなきゃ申し訳ない」という心理も働きますしね。

 

また、褒められたことを一生の宝にしている人もいます。

 

「これでも昔は吉永小百合に似てるって言われたことあるのよ」

 

っておばぁちゃんを10人くらい知っていますが、たぶん30年とか40年くらい前に言われた言葉を今でも誇りに思っているんでしょう。褒めることは、その人に宝を与えていると思えば、決して媚を売っているわけではないと感じますね。

 

営業マンは、まず聞き上手でなくてはいけません。

 

ただ聞いているだけではなく、上手に「あいずち」をうち、時には「オウム返し」や「ボディランゲージ」を交え、最後には相手を褒める。

 

これであなたのことに対して悪い印象を持つ人はいないでしょう。その上であなたの本題を持ち掛ける。

 

現代では、「聞く」というのは営業マンにとっては、商品やサービスの「付加価値」にもなりえます。しっかり、理解しておきましょう。

 

あなたは本当に聞き上手か?

お客さんでこちらの話を全く聞かない人っていますよね。

 

先日、電気屋さんで買い物をしていたら隣で店員さんとお客さんでもめていました。

 

「お客様…それは故障ではなくて」

「買ってまだ半年だぞ!保証はどうなってるんだ!」

「ですから、それは線が抜けてる…。」

「長年この店で買い物してるんだぞ!もうこの店は使わんぞ」

「お客様ですから」

 

おそらくは、テレビの線が抜けてるだけかと思うから確認してくれと店員さんは言いたかったのでしょう。親切に紙とペンを用意していたのでテレビの線の差し方を図で説明しようとしていたのかもしれません。

 

でも、途中で話を遮られるものだからいつまで経っても本題に入れない…。

 

「かわいそうに」と苦笑いしながらも「はっ」させられました。

 

自分も同じかもしれない・・・。

 

もちろん、話を途中で遮るようなことはしません。しかし、相手が話している途中でそれに対する答えをすでに用意してしまったりして思考の中で話を遮ってることってないでしょうか?

 

部下の話や同僚の話など・・・。

 

人の話を聞きなさい・・・。簡単そうで、実は意外と実践するのは難しいのかもしれませんね。

 

アルバイトや新入社員を辞めさせない方法

5月病などと言って4月に入社した社員がバタバタと辞めていく!

 

やっと入ったアルバイトがすぐに辞めてしまう!

 

そんな会社は多くあります。

 

なぜ、すぐに辞めてしまうのか?

 

理由の殆どが「思ってたのと違う!」こればかりですね。

 

残業が長い。土日に休めない。上司が厳しいなどなど。

 

求人ではいいことばかりを言われて入ってきたけど友人と比べると給料安いし拘束時間長いし仕事もキツイ!やーめた!って訳です。

 

求人にお金をかけて一人前に育てようと時間と労力をかけたら辞めてしまう…。

 

どうしたら新入社員やアルバイトを辞めさせずに済むのか?

 

求人を欲している会社の求人担当者は多くの人に入ってきてもらいたいので会社のいいことばかりを言います。

 

しかし、現実とはギャップがあり、言われたのと違う!思ってたのと違うとなってしまうわけです。

 

入ってきた新入社員やアルバイトにはしっかり、この辺のフォローをしなければなりません。

 

長いこと会社にいれば、自社のデメリットは見えているはずです。残業が長い。給料安い。仕事がキツイ。新入社員やアルバイトもおおよそ同じことを感じているはず。ですから、頻繁に声をかけ相手に不満を感じていることはないか聞きましょう。

 

残業が長いというのであれば「確かに残業は長いね。でも、有給は年10回取れるから他の会社よりいいはずだよ」

 

給料が安いというのであれば「この会社は人数少ないから頑張ればすぐに上に行けるよ!そうなれば今よりずっといい給料が貰えるよ!」

 

デメリットもあるけどメリットもちゃんとあることを伝えましょう。

 

まず、あなたがなぜその会社で働き続けているのか?やりがい、給料、会社の将来性…。何かしらあるはずです。そういったこともしっかりと新入社員やアルバイトに伝えることで離職率はずっと変わってくるでしょう。